ヨガアライアンス継続教育コース

①オンラインコース  

 

(全国より受講可能)

 

②(千葉県)ヨガ教室コース 

 

(千葉県東金市日吉台2-17-3)

ヨガスタジオセブンチャクラズ内

 

※②の場合、短期集中コースがあります。

2日間で10時間。

 

(料金は、①②同額です。)

料金プラン

料金プラン)

 

個別指導1単位(1時間)¥7.500

 

グループ指導2名以上4名まで

1単位1時間お一人¥4.500

 

個別指導、

グループ指導の時間調整いたします。

 

2か月先まで一般会員様優先で

予約が埋まっています。

日曜日か平日の休日

(スケジュール表による)を

利用しての講義となります。

お時間は、

1日1時間から5時間まで、

皆様の都合に合わせ調整いたします。

 

講義内容は、

皆様で自由に変えられます。

例))

(10単位10時間)ヨガ哲学5時間、

ティーチングメソッド3時間、

ヨガテクニック2時間、

ヨガの瞑想法

(瞑想/自覚2時間、

ヨガ認定ポーズLEVEL2チェック指導

ポイント2時間、

ヨガのホームページ作り

初級から上級3時間)など。

 

支払い方法)

カード払い(ラインで請求書を送ります、かんたんに決済できます。)

 

キャンセル規定)

1週間前50%を指定口座へお返しします

 

3日前30%を指定口座へお返しします

 

当日全額支払い

 

 ※スケジュールご確認の上希望日時を

ご予約よりリクエストしてください。

TAISUKEヨガアライアンス資格

ヨガアライアンスE-RYT500

登録されると、

E-RYT 500は他の教師に

継続教育ワークショップを提供することができ、

200時間、300時間、

または500時間の教師トレーニングの

リードトレーナーになることができます。

 

ヨガアライアンス継続教育プロバイダーYACEP

YACEPの指定は、

ヨガコミュニティの専門家が他とは一線を画し、

RYTの継続教育時間として適格なコースを

教えるためにデザインされています。

 

 

プライベートヨガ年間1000時間以上を教える、

(個人指導6.800時間以上2021/12)

オンラインorスタジオ講座、ヨガアライアンスRYT200/300継続教育とは

すべてのヨガアライアンス

登録者(RYT)は、

1年ごとの更新に加え、

3年ごとの「継続教育」の単位を

取得しなければいけません。

 

(アライアンス取得後3年以内に

継続教育を受ける必要があります、

お早目のご計画を!)

 

3年間で合計75時間 

(45時間ヨガ指導/

30時間ヨガトレーニング)

のトレーニング時間に満たない場合、

ヨガアライアンス未登録になります。

 

コンタクトトレーニング10単位以上を

取得するには、

基準を満たした者から受ける

必要があります。

 

E-RYT500/YACEP(TAISUKE)から

継続教育を受けれます。

 

※基準とは、

 

①YACEP 

(TAISUKEは、

YACEP基準を満たしている)

 

②E-RYT 

(TAISUKEは、

E-RYT500基準を満たしている)

 

③ヨガアライアンスが定める

教育カテゴリーを終了したもの

 

 ①,②、③のどれかを

満たしているもの。

 

3年継続教育に必要な単位とは

 

A(30時間トレーニング)

①コンタクトトレーニング

対面で、(10単位以上必要30単位まで)

※TAISUKE(E-RYT500/YACEP)から

受けることができます。

 

②課外トレーニング20単位まで

 

①のコンタクトトレーニングだけで

条件を満たすことができます。

 

30単位(1単位1時間)を取得すれば、

継続教育の単位を満たされます。

 

ここで、継続教育に必要な単位が

満たされない場合、

 

例)コンタクトトレーニング

最低10単位取得の場合、

②の課外トレーニングを

追加することで単位を加算できます。

 

コンタクトトレーニング10単位

10時間+課外トレーニング

1単位5時間)20単位(100時間)

 

コンタクトトレーニングとは、

4つのカテゴリー

(アライアンスの定める)

 

1、

(TTP)テクニック、トレーニング、

プラクティスポーズ、呼吸法、調気法、

瞑想、アライメントのテクニック、

トレーニング、練習

 

2、

(TM)ティーチング、メソッドロジー

ヨガの指導法、シークエンス、

ヨガビジネス、アシストやアジャストに

ついての学習

 

3、

(AP)アナトミー、フィジオロジー

解剖学、生理学、骨格や筋肉、筋膜、

チャクラ、ナーディなどのエネルギー、

身体機能

 

4、

(YPLE)ヨガフィロソフィー、

ライフスタイルとエシクス

ヨガの歴史、哲学、

倫理とライフスタイルの実践、

生徒とのリレーションシップ、

ヨガスートラ、八支足、

バカヴァッドギータ、古典ヨガ

 

この中から教育を受ければ

単位が取得できます。

 

課外トレーニングとは、

(アライアンスの定める)

 

コンタクトトレーニング不足を

補う単位です。

(自分自身で取得できます)

ヨガの本を読む、ビデオを見る、

ヨガに関するオンラインコースや

通信講座を受講、

ヨガの指導を受ける、

ヨガのに関する本を出版、

CD/DVD製作、新聞雑誌に記事を公表、

生徒のためのヨガ教材作成

 

(45時間ヨガ指導)

ご自身でのヨガ指導

グループレッスン、

プライベートレッスン、

ワークショップ、イベントなど。

 

2021/2新基準導入予定

(ヨガアライアンス)

 

リードトレーナーの要件が変わる?

E-RYT500取得者に限定、

全200時間中150時間担当

 

ヨガアライアンスは、

世界70か国、

10万人のインストラクター、

6000以上のヨガスクールが

登録しています。

 

継続教育プログラム

オリジナルプログラム

 

 

実体験を通して座談会形式でわかりやすく、

ヨガ哲学からヨガの瞑想を取得するコース

 

城西国際大学で、

ヨガ哲学とヨガの講座を、

4年間開催しました。

 

多くの生徒様に、

ヨガの歴史と哲学を簡単に分かりやすく、

座談会形式で理解していただきました。

 

 

今回のプログラムは、

ほかにない、

ヨガスートラやバカヴァッドギータを、

理解しなくてもヨガの瞑想を習得できる。

 

ユニークな2つの瞑想を通し、

ヨガの瞑想と日常の自覚にて、

実践的に瞑想が体得ができます。


また、ヨガの瞑想と同じくらい重要な、

日々の困難グレーシャを取り除く

カリキュラムは好評です。

オリジナルプログラムです。

 

日本で初めてLEVEL2ヨガポーズ認定

(少し難しい体幹、

柔軟性を重視したポーズ)した、

オリジナルコンテンツです。

 

 

LEVEL2認定ポーズを、

ヨガテクニック、

ヨガに必要な自重トレーニング、

プラクティス、

シークエンス

解剖学の観点から学べます。


グループ指導にも生かせる

内容となっています。

特集yoga alliance 継続教育を受けたE-RYT500(Sarada Yoshikoヨガインストラクター)2日間10時間プログラム!

講師)TAISUKE

ヨガアライアンス継続教育プロバイダー/

E-RYT500ヨガインストラクター 

 

生徒)Sarada Yoshiko

E-RYT500 ヨガインストラクター

 日本画家、芸大出、

思考先行型KYだった。


現在、ヨガの無知が晴れ

本当の私を理解している、

バカヴァッドギータを精読、

ヨガ哲学も教える。


神奈川県で活躍する

期待のプライベートヨギニ!

 

 

カリキュラム内容)

(10単位10時間)

1日目5時間

 

1時間目YPLEヨガ哲学

オリジナル、経歴によるヨガスートラ、

クレーシャの理解

 

2時間目TMティーチングメソッド

体幹系ヨガの取得と、コーチング、

ヨガレベル2柔軟系1ポーズ

 

休憩 

(地元日本料理店で、

食事中もヨガの雑談)

 

3時間目YPLEヨガ哲学

クレーシャ事例による座学、

ライフスタイルにおける実践

 

4時間目YPLEヨガ哲学

2つの自覚瞑想方法の習得と

ライフスタイルにおける実践

 

5時間目TMティーチングメソッド

ヨガレベル2柔軟系1ポーズ

 

時間外特別ゲスト

(チャネラーさんと懇談)

(チャネラーさんからの指導は、

もう一つ残されたものがあると指摘される。

 

その問題も取り除き

生徒様のハートチャクラが開く。)

 

※今回、ヨガスートラクレーシャを

取り除くことに関しては、

生徒様が、

事前に膨大な時間を要しここまで来て、

ヨガにおける無知が晴れたと思われる。


しかし、好き嫌い、

エゴや恐怖に関する

観方ができていなかった。


日常的に自覚することにより、

その事象をとらえることを確認できた。

 

この授業は、今までの自分の体験を

通しインストラクターとして、

皆様に指導できるようになる、

カリキュラムになっています

 

 

 

2日目5時間

1時間目 YPLEヨガ哲学

昨日のまとめと認識確認、

コーチング研究

 

2時間目TMティーチングメソッド

ヨガポーズ認定レベル2の取得と

シークエンス、

アライメントのテクニック

 

休憩

 

3時間目TMティーチングメソッド

アシストアジャスト、

体幹系ヨガの指導法

 

4時間目TMティーチングメソッド

ヨガを補強する

ボディウエイトトレーニング理論と

実践コーチング

 

5時間目AP解剖学生理学

体幹系ヨガの骨格筋肉の使い方、

トレーニング理論

 

※大きな問題が勃発!

今日までのクレーシャは、

完全に取り除かれていた。


最後の授業後に

その問題がやってました。

 

この苦悩は身近な人からのものであった。


この件に関しても、

的確に自分自身を見ていく実践型瞑想を、

発揮するチャンスになった。

 

問題の論点が見えているので、

思考が静かになった時に、

自分の中心の感覚から判断すれば、

良い結果になると思われます。

 

一番近い人たちと

どう生きていくかの方法が、

クレーシャを取り除く

一番の解決法です。

 

レベル2認定ポーズを

取得するためのメソッドや、

アジャスト、特に体幹系ポーズは、

インナーマッスルと筋力が必要です。

 

その筋力を、

無駄なくヨガに使えるようにする、

ボディウエイトトレーニングを

指導しました。

 

例えば、戦士のポーズ3、

頭立ちの体幹が弱いと、

反り腰になり、

おなかがポッコリ出ます。

 

これを改善するには、

腹横筋を中心とした腹筋群を

強化する、

フォローボディクランチなどが

有効です。

 

Sarada 様の場合、

柔軟性は大丈夫ですが、

体幹系や筋力にやや問題がありました。


Level2認定ポーズに

チャレンジしました!

戦士のポーズ3、ハヌマーン、

開脚、片足鳩のポーズ、

頭立ちの5つを認定いたしました。

ご覧下さい!

 

LEVEL2認定ヨガーポーズ←クリック!

 

賢者のポーズ、

半月のポーズが8割完成しています。

これらを含めほかの認定は、

オンラインで継続予定です。

 

オンラインLEVEL2

認定ヨガポーズクリック!

 

腹、胸、肩、背、脚の強化が、

今後の体幹系ヨガに必要です。

 

オンラインで指導継続する予定です。

ぜひ、

オンライン指導もご活用ください。


ヨガアライアンス 継続教育コース 2021.12.27-28

コース終了後のレポート

 

講師TAISUKE (E-RYT500/継続教育プロバイダーYACE)

生徒シャラダYOSHIKO(E-RYT500) 

ヨガアライアンス継続教育コース

 

【内容】

10時間、10単位 ・ヨガ哲学 ・認定ヨガポーズ取得 ・シークエンス取得

 

【テーマ】

大項目:

シャラダ yoshikoにおいて必要なこと →

自分らしく生きるために悩み苦しみをとり、

心(精神)の柔 軟性をつける

 

小項目:

・無知(ヨガの無知)

・真我と自我の違い(私と私以外)

・欲望(~したい)

・不快感(好き嫌い)

・恐怖(こわい)

 

シャラダ yosihkoの気づき

・成長点 これまでの過程では、

良い事、悪い事に対しての判断に対する

耳が出来ていない事が成長を妨げていた。

 

無知(ヨガの無知)である状態 ↓

・バガヴァットギータÜは好み読解し、

自身のプライベートヨ ガでもヨーガ哲学を説いていた

・プライベートヨガを始めた1年目は全くといって耳が

出来て いないが本人は気づかない、

むしろ自分が正しいと感じていた ・

KYであることも気付かないが指摘されることが多かった

・一つのことに執着をする癖がある

 

※絵画活動ではプラス、

ヨガではマイナス ・

無知のままヨーガ取得から6年以上経過していた

・エゴが強くヨガの実践がクリアにならない 無知が知に変わった出来事 ↓

・2020年に大きな気づきのチャンス(事件)が起きる

 

※この時の出来事により耳が拓いた

無知(ヨガの無知)真我と自我の違い(私と私以外)

真我と自我の違い(私と私以外)が分からない ↓

 

・知識が邪魔をして真実を知る機会を見失っている

・欲情の強い状態 ・自分のが○○、自分がした○○など執着の強さが出る

・私が~という言葉をよく使っている

・自分を正当化する

・私以外のことに惑わされる ・

全ての苦しみは周りが作ると思い込んでいる

真我と自我の違い(私と私以外)が理解できた時

↓ 無知が知に変わった時に真我の理解も深まった

 

欲望(~したい)

欲望(~したい)が止まらない ↓

・ヨガを深める方法ばかりを求めている

・今ある知足を忘れている時期が続く

・真っ新になることより盛り付けることに集中する

・こうであってほしい願いを他人にも見るようになる

・他人への要求も強くなる

・批評批判がつきもの

・現物、経歴の価値を信じている 欲望(~したい)が無くなった瞬間 ↓

・今、この瞬間を大切にする意識

・ヨガの知足、比べない

・シンプルになる 

 

不快感(好き嫌い

不快感(好き嫌い)の炸裂

↓ ・過去のカルマにおいて特に不快感を示す

・ヨガを学び深めながらも過去に作ったカルマに対し、

今との ギャップに悩む

・自己分析の能力が半減する

・生徒さんに真理を解きながら自問自答が始まる

・他人のことはよくわかる状態 不快感(好き嫌い)が消えた自覚 ↓

・プライベートヨガでの生徒さんの成長を

見届けながら自分の 不甲斐なさを気づく

・HPで過去の文面に自分の中のエゴに気付く

・自分の使う言葉に反応する

※エゴ探しの指標になる 

 

恐怖(こわい)

恐怖(こわい)だらけ ↓

・知識の足りない自分への恐怖

・真我に目覚めていない自分への恐怖

・失う事、失った事への恐怖

・今が変化してしまう事への恐怖

・ココロの変化に惑わされる 恐怖(こわい)を手放す

↓ ・全てのものはなくならない事実をしる

・瞑想が深まってきた

・自分のすべきことが見えた

・プライベートヨガ3年を迎えると

自分への気づきの速度も上 がった

 

テーマから学んだこと

• 敵を敵にしない

• 知足の精神とシンプルさ

・良いふりをするエゴに注意

・人と対抗する時の自分を見る

・ヨガは長く練習をしていても直ぐにエゴになることがる

・エゴの種を早めに回収すること、繰り返さないこと

・起きる事を受け入れる

・思考型の自分をクリアにしていく技術を磨く

・5つのクレシャから解放される重要性

 

5つのクレシャ(苦悩)と更なる学びの道

・原因の原因は自分にある

・喜びによる開花で第5の♥ハートのチャクラが拓く

・良くない気(念)を払いのける技術を覚える

※祝詞、マントラ、お経、真言 ・スピリチュアルの世界が少し理解できた

・ココロの動きに常に注意をする

・小さなエゴも発見し、浄化させる

 

認定ヨガポーズ取得

【認定ポーズの10種類】

・開脚💮 ・シルシアーサナ💮 ※バリエーション

・戦士3💮 ・半月ポーズ ・鳩のポーズ💮

※バリエーション ・横ツル ・サイドプランク(バシシュターサナ)

・マユーラアーサナ ・ハヌマーン💮

・八曲がり 戦士3 合格💮 シルシアーサナ 合格💮

開脚ポーズ・合格💮 ハヌマーン・合格

💮 ハトのポーズ・合格💮

 

今後、目標にしたいこと ハト王になる

シルシアーサナのバリエーション 二ンドラーサナ 

 

TAISUKEからの一言)

大きな築きを過去にてばなすが、

今回さらに大きな気づきを

手放さなくてはいけないことが理解できました。

 

ここで学び、

これからすることは、

自分自身で作った概念を手放すことこと。

自分以外のものに過渡に影響を受けないこと。

アステイヤに対する観念をもつこと。

 

学びを落とし込むためには、

多角的に自分自身を観ることが大事です。

また徳を積むことや、

パタンジャリの八支足、

瞑想を実践していくことも大事です。

 

継続して瞑想、自覚を行っていく必要があります。

またその状態をよく認識している(無知ではない)先生に、

ついて学ぶことが必要です。

 

このコースの学習を通し、

1、何をどうすれば、

自分自身が真我に近づけることが理解できました。

 

2、今後の課題が見えました。

 

3、この手法を通して、ヨガの哲学の深い部分を、

実践を通じて教えることができるようになります。

 

4、ヨガポーズ認定を通し、

ヨガの体幹系ポーズ(RYT200では教えないポーズ、

より難易度の高いポーズ)の、

アナトミーやシークエンスの作り方、

アジャストが理解できました。

 

5、難易度の高いポーズを完成る為の、

ボディウエイトトレーニングの必要性を学びました。

 

レポートからわかるように、

着眼点をしっかり理解できました。

あとは実践のみです。

この実践こそが困難を要します。

 

質の高い、継続教育を行うことで、

素晴らしいヨガインストラクターになれるように応援いたします。

 

Sarada Yoshikoインストラクターは、ヨガを通し皆様に奉仕、貢献いたします。

ヨガアライアンス認定について

ヨガアライアンス認定基準

 

RYT200(Registered Yoga Teacher)

ティチャーズトレーニングを200時間、

認定校RYSで終了

必要なティーチング時間(なし)

必要なティーチング経験年する(なし)

 

RYT500

ティチャーズトレーニングを500時間、

認定校で終了

必要なティーチング時間(100時間以上)

必要なティーチング経験年する(なし)

※登録者は、

継続教育のためのクラスやワークショップを

ほかの先生に教えられます。

 

E-RYT200

必要なティーチング時間

(RYS200を卒業後、最低1000時間)

必要なティーチング経験年する

(RYS200を卒業後、2年間)

※登録者は、

継続教育のためのクラスやワークショップを

ほかの先生に教えられます。

RYT200時間のリードトレーナーになれる

 

E-RYT200/RYT500

必要なティーチング時間

(RYS200を卒業後、最低1000時間)

必要なティーチング経験年する

(RYS200を卒業後、2年間)

※登録者は、

継続教育のためのクラスや

ワークショップを

ほかの先生に教えられます。

RYT200時間のリードトレーナーになれる

 

E-RYT500

(Experienced Registered Yoga Teacher) 

ヨガ最高資格

 

必要なティーチング時間

(RYS500を卒業後、最低2000時間)

必要なティーチング経験年する

(RYS200を卒業後、5年間)

 

YACEP

教育継続プロバイダー

YACEPの指定は、ヨガコミュニティの

専門家が他とは一線を画し、

RYTの継続教育時間として適格なコースを

教えるために設計されています。

 

YACEPになることで、

ヨガコミュニティで資格のある

継続教育プロバイダーの唯一のディレクトリ

参加するユニークな機会が得られます。

 

YACEPでコースを受講する

登録ヨガティーチャー(RYT®)は、

トレーニングがヨガアライアンスの

継続教育要件を

満たすために重要であると信頼できます。

ヨガアライアンス正式登録者は、全国に2239人(2021/12)

正式登録者とは、

ヨガアライアンス登録者で、

1年に1回登録更新、

3年に1回継続教育を受けたものです。

 

現在2021/11全国にヨガアライアンス

登録者は、2239人。

 

安心のヨガアライアンス登録者から

指導を受けてください。

 

理由は、世界一のヨガ団体に

所属することにより、

世界のヨガ関連情報を受け取り、

それらを生かしたヨガを

安全に運営できます。


継続教育を受けることで、

技術の習得スキルアップをはかれ

ヨガの指導力が上がります。

 

ヨガの先生になることは比較的簡単です。

しかし、ヨガの哲学、

解剖学生理学等を伝えられる方は

非常に少ないです。

 

TAISUKEは、

ヨガアライアンス指導時間

6800時間の実績を

持つ人気指導者です。


体幹系のヨガ、

コア美ヨガレベル2を開拓し、

日本初の認定を行っています。


2つの瞑想では、

習得した瞑想をさらに進化させ、

パタンジャリのヨガスートラの理解を

更に深めるきっかけを作ります。

 

現在ヨガアライアンスに

登録していRYT200のかたは、

かなり多いと考えられます。


理由は、毎年継続費用が掛かること、

英語表記で登録が

ややしにくいことなどです。

 

 

正式登録者は、

ヨガアライアンスで確認できます。

地域Japan  

ヨガ講師名TAISUKE 

指定E-RYT500

 ヨガアライアンス

 

E-RYT500  (202名)

ヨガアライアンス全登録者の10%未満

継続時間数8位 (6800時間)(2021/12)