ヨガの3つの性格(グナ)

3つのグナ

1、タマス鈍質

(無知と迷いが拘束する)

 

2、ラジャス激質

(行いと結果が拘束する) 

 

3、サットヴァ純質

(幸福と知識が拘束する)

 


ヨガ的な3つの性格(グナ)を知ろう!!

人は、グナにより、

3つの性格に分けられます。

 

1、 タマス

(無知と迷いが拘束する)

 

 怠けもの、

寝すぎ、

何かを学ぼうとする意志さえありません。

 

人に気を使いません、

不注意や思い込みから誤解されやすいです。

 

また、自分の中におぼれ、

存在感をなくします。

 

ラジャスの方と付き合うことにより、

タマスを抜け出せる可能性があります。

 

2、 ラジャス

(行いと結果が拘束する)

 

自分中心、

強欲、

物事の結果をいつも金銭で期待する。

 

情緒不安、

働きすぎで、

支配欲も強い、

わりと裕福でモノや名誉を気にします。

 

行きすぎた言動も多いです。

 

良いことも悪いことも起こりますが、

結局苦労で終わります。

 

すべてのことに対し「私の、俺の~」と、

所有格を使います。

 

なぜいつもこうなってしまうのだろう、

私を変えたいと思った方は、

サットヴァの扉が開きかけています。

 

ヨガの教え、

瞑想で、

自分自身でサットヴァな性格に

かえることができます。

 

3、 サットヴァ

(幸福と知識が拘束する)

 

 謙虚です、

常に正しいことをする、

自由になれます。

 

外に自由になる解決方法を求めません、

冷静な識別を持っています。

 

しかし、

自分は幸福でポジティブに生き、

誰よりも幸せと思いこみます。

 

この3つのグナのいずれも

一つだけになることはありません。

 

3つの内のどれかの比重が高いかで、

サットヴァな人、

ラジャスな人、

タマスな人となります。

 

例えば)

サットヴァ50%

ラジャス30%

タマス20%

これは、サットヴァな人となります。

 

ヨガは、

よりサットヴァになるように

魂を磨いていきます。

 

それには、

サットヴァ80%

ラジャス10%

タマス10%

くらいの比率に

持っていけるとよいでしょう。

 

いずれも、

この3つのグナは有限のもので、

永遠ではありません。


ヨガの最終目的は、

この3つのグナを

突き抜けたところにあります。

 

 乗り越えれば、

本当の自由があります。

 

本当の自由とは、

すべての人やものを、

同様に扱うことができる。

 

人があなたをほめても誇りに思わない

軽蔑されても怒らない、

敵も友人も同様に扱う。

 

憎しみ、切望がない、

苦楽を平等にみる、

自分自身に満足する。

 

好き嫌いがない、

すべてのものから影響を受けない。

 

心が動揺しない、

心が平和、

人の悪口を言わない。

 

このような方は、

サットヴァなひと、

またはグナを乗り越えたと

いえるでしょう。

 

または、

悟りを開いたともいえます。

 

悟りを開くまでには、

普段の自覚が必要です。

 

常に自分の目撃者になることです。

 

ヨガはそのことが自分の中にあることを、

知るための知識と教養を教えます。

 

しかし、

今を生きる人の目標は、

サットヴァを目指してください。

 

もしサットヴァの状態で亡くなれば、

来世はサットヴァから始まるといいます。

 

ラジャスからサットヴァへの成長は、

みなさんの手にゆだねられています。

 

強く変わりたいとする意思が、

人を変えます。

 

意思には、

プラーナ(気)が通います。

 

そのプラーナで自分を満たし、

浄化すことにより、

チャクラの活性を促します。

 

チャクラの活性は、

超意識へと繋がります。

 

特にラジャスな方は、

サットヴァを求めさえすれば、

サットヴァに変わります。

 

意思(プラーナ、気)の力です。

 

私にできること、

数千年続いているヨガの教えを

わかりやすく伝えることです。

 

サットヴァや生き方についての

経験に基づく、

助言ができることです。

 

TAISUKEは、

タマスの状態、

ラジャスの状態を経験し、

サットヴァに向かって人生を

楽しんでいます。

 

皆さんと一緒に、

平和で自由な、

サットヴァを超えた世界に、

ワクワクしながら

進んでいきましょう♪

 

 バガヴァッドギータに、

ヴェーダ聖典に定める

4つのグループがあります。

 

 1、プラフマナ

聖職者)

知識があり、祭事を司る

(サットヴァ>ラジャス>タマス)

 

 2、シャクトリア

(戦士)

国と調和を守る

(ラジャス>サットヴァ>タマス)

 

 3、ヴァイシャ

(商人)

社会を活性化する

(ラジャス>タマス>サットヴァ)

 

 4、シュラード

(労働者)

人につかえ、労働をする

タマス>ラジャス>サットヴァ)

 

これはインドのカースト制度で、

人の成長によってわけられ、

グループごとにすべき

(ダルマ、義務)があり、

それそれが社会の中で人が

成長するためにあります。

 

どのグループに属そうとも

最終ゴールの自由は

手に入れることができます。

 

皆さんはどのタイプに

当てはまるでしょうか?

 

TAISUKE