6つのヨガ柔軟テストde遊ぼう!

ヨガ柔軟テスト、ヘッドスタンドの変形ヴァージョン。

皆さん、ヨガ柔軟テストで遊んでください。

自分のカラダの柔軟性をお試しください。

自分で見てわかる、六つポーズを紹介します。

ランクは、三つに分けました。

 

、「入門クラス」  

すぐにTAISUKEの入門ヨガを始めましょう!!

 

2、「初級クラス」LEVEL1   

いろいろなポーズにチャレンジしよう☆

 

3、「初級以上クラス」LEVEL2

ハンドポーズなど、中・上級ポーズにチャレンジしよう♡

東金アリーナ「コア美ヨガ、プライベートヨガ、

クロスヨガ、オンラインヨガ」でチャレンジできます。

 

 ※ヨガ柔軟テストde遊ぼうは、

TAISUKEのオリジナルコンテンツです。


①牛面のポーズで肩の後部の柔軟性をみましょう!!

 

(左右行ってください。)右手を挙げて、

頭の後ろで右に折ります、左手で右のひじをつかみ、

押して下げます。

その後、左手を背中の後ろに回し、

左右の手を握ります。

※左右のバランスが崩れている方が多いポーズです。

左右の指が離れている。

入門クラス(40歳以上)

 

※肩こりがひどいでしょう。

長年スポーツを行っていた方、

仕事で片側しか手を使わない方に多い状態です。

右が届いても左がとどかない方が多いです。

右利きが多いからです。

左右のバランスを整えましょう!!

3か月から、半年でとどくようになります。

左右の指が触れる。

初級クラス(30歳以上)

 

※しっかり握れるようになるまで、

あと、1,2か月かかります。

柔軟テストの牛面のポーズ。

左右の指(親指以外)がしっかり握れる。

初級以上クラス(20歳代)

 

※ここまでとどくかたは、

肩こりが少ないです。


②ワシのポーズで前方の肩周りの前部の柔軟性をみましょう!

 

(左右行ってください。)右手を前方に出し、

左手肘を右手にクロスします。

ねじって、右手と左手のひらをあわすようにします。

ワシのポーズ左右の手が合わない。

入門クラス(40歳以上)

 

 

※肩こりがひどいでしょう。

合わさるまで3か月から半年かかります。

男女筋肉質の方、

ぽっちゃり系の方に交わらない方が多いです

右の掌に、左の指がついた状態。

初級クラス(30歳以上)

 

 

※1,2か月で手の平がかさなるでしょう。

柔軟テストのわしのポーズ

右の掌に、親指以外の四本の指が重なった状態。

初級以上クラス(20歳代)

 

 

※さらに両手を上にあげ、

呼吸を胸に入れましょう。


③立位の前屈で、腿の裏、膝、腰回りの柔軟性をみます!

 

両腕を頭の上に伸ばし、

ゆっくり前方にカラダを曲げていきます。

ひざは曲がらないように伸ばし、

両手が止ったところで柔軟性を判断します。

 

※呼吸で曲げよう!

ぐいぐい押さないように曲げます、

腹式呼吸で息を吐いたときに力を抜くのがコツです。

両手指先がマットにつかない。

入門クラス(40歳以上)

 

 

※腰痛の原因を持っています。

3か月から半年で指がマットにつくでしょう。

両手指先がマットにつく。

初級クラスLEVEL1(30歳代)

 

 

※さらに手のひらまでマットにつくまで、

3か月以上かかります。

柔軟テストの立位の前屈のポーズ

両掌がマットにつく。

中級以上LEVEL2クラス(20代)

 

 

 

※ここまでくると、

腰痛が改善し、

腰痛になりにくいでしょう。

コツは、骨盤から曲げよう。


④三角のポーズで腰の体側の柔軟性をみましょう!!

 

(左右行ってください。)壁を利用します。

(注意:右にカラダを傾けるときに、

左のおしりが壁から離れないようにします。)

足を肩幅以上に開いて三角形を作ります。

右にカラダを倒し、右手を下げ、左手を上げます。

右手の位置で判断します。

 

※壁によりかかり、

両かかとお尻、肩をつけて行うとよいです。

右手がひざより上。

入門クラス(40歳以上)

 

 

※腰や大殿筋が固いです。

腰痛の原因になります。

初級クラスになるまで

3か月くらいかかるでしょう。

右手が膝と足の間。

初級クラスLEVEL1(30歳以上)

 

 

※壁にお尻をつけて行うと効果的です。

手が足首に着くまで

半年から1年かかります。

 

 

 

柔軟テストの三角のポーズ

右手のひらが足の甲の上。

中級以上クラスLEVEL2

 

 

※無理にここまで

曲げる必要はありません。

ここまで曲がると、

開脚がスムーズに行えるようになります。


⑤ラクダのポーズで後屈の柔軟性をみよう!

 

膝をついて、両腕を後ろに回します。

初めての方は、

右がかかとに届いたら左のかかとをさぐります。

(絶対に無理をしないでください。)

両指先がかかとに届かない。

入門クラス(40歳以上)

 

 

※この状態は、

首、胸、腰、もも(大腿四頭筋)が

固いです。

指がかかとに届くまで、

3か月かかります。

両指先がかかとに届く。

初級クラス(30歳以上)

 

 

※しっかり、掌が足の平に着くまでさらに、

3か月かかります。

柔軟テストのラクダのポーズ

両掌が足裏に届く。

シッカリ手のひらを足のかかとに置きます。

 

 

初級以上クラスLEVEL2(20歳代)

 ※胸、ももを前に

突き出すように押し出します。

首はリラックス。


⑥開脚で股関節の柔軟性をみよう!

 

開脚しカラダを前屈させます。

開脚し両腕の先の指が両足の親指に触れる。

入門クラス(40歳以上)

 

※股関節が固く膝、

腰のトラブルの原因にもなります。

肘がマットにつくまで半年かかります。

 

肘がマットにつく。

初級クラス(30歳以上)

 

 

※さらに額がマットにつくまで

半年かかります。

柔軟テストの開脚

両腕、顔、胸がマットにつく。

中級以上LEVEL2クラス

 

 

※胸がマットについた方は、

上級の方法をTaisukeにお聞きください。

さらに伸ばせます。


楽しんでいただけたでしょうか。

 

カラダが硬いほど、

カラダが硬化しています。

血流、リンパ、気の流れ、

さまざまなカラダの流れが滞ります。

 

けがをしやすくなる、

左右のバランスが崩れる、

結果、代謝が悪くなる、

免疫力が落ちるなど。

 

20代の方でもカラダを

そのままにしておくと、

40代、50代のカラダになります。

 

「内臓の調子が良くなった」

「よく眠れる」

「スポーツでのパフォーマンスが上がった」

「職場での、肩の凝り、腰痛、冷え性が治った」

個人差はありますが、

ヨガを習慣にしている人から

よく聞く言葉です。

 

カラダが柔らかいだけで、

5歳以上若くなります。

アンチエイジングにはヨガが一番です。

 

六つのポーズは、肩の前部・

後部(肩こり、目の疲れ)前屈・

後屈・体側(腰痛)

股関節(脚の柔軟性)などに

効果があります。

 

運動不足、職業上、

椅子に座りっぱなし

(事務系、車の運転)、

カラダを無理に動かす仕事

(介護系、保育幼稚園など)、

片側だけに同じ姿勢をとっている方

(理容師、美容師など)、

早めの対策をヨガで行ってください