ヨガを引き受ける覚悟!

ある女性のお客様から電話をいただきました。

 内容は、体全体がほとんど動かない。

 

私は、病院で体を動かす許可が出ていますかと聞きました。

 病院は嫌いで行きたくないという。

 

主人も付き添いで、

見学してよいかと聞かれ、

 ハイと即答。

 

何か重大な事情があると、

直感で分かるが、

 

理由は聞かず、

 とにかくプライベートヨガを

こころよく引き受けました。

 

思考があれこれ動く状況ですが、

 いつも、

 

まず引き受ける、

そしてその対応を考えます。

 

いままで、

数々の失敗もあった、

 

無茶なこともした、

 どんな困難も乗り越えてきました。

 

だから、私はヨギに選ばれ、

その仕事を全うしようとしています。

 

事実、その方は、

ほとんど動くことができなかったのです。

 

付き添いの主人は、

重大な事故に会い、

死の淵を乗り越えて生還。

 

生きる、

生かされている理由があります。

 

そのことは、

ご主人においおい話していきたい。

 

今は、奥様の動かない体に、

生命のエネルギーを注ぐだけ。

 

大事なのは、

呼吸ができていること。

 

呼吸は、プラーナ、

生命エネルギー、

 

動かない、

体を動かす力。

 

TAISUKE

「胡坐をかけますか?」

 

 お客様

「無理です。」

 

 TAISUKE

「膝を伸ばして座りましょう。」

 

お客様

「これなら大丈夫です。」

 

ゆっくり、前に手を伸ばし、

生命の呼吸を注ぐ、

 

少しずつ腹式呼吸とともに、

体が動き出す。

 

お客様、

ご主人の顔がほころぶ。

 

30分、ゆっくりと、

無理のないアーサナ(ポーズ)で、

 

体全体に、

呼吸とともにプラーナ(気)を注ぐ。

 

私の意識は、

呼吸が広がりカラダ全体を駆け巡る

 

そして、お客様の意識が、

信頼という形で混ざり合えば、

効果はさらに増します。

 

絶対に動けるようにしてあげたい。

継続の意思をいただきました。

 

プライベートヨガ体験後の継続意思率は、

95%です。

 

この数字は、

高いか低いかわかりません。

 

単なる数字です。

 

ただいつも、全意識を、

集中させ、

リラックスした状態で、

 

プラーナ(気)を

注ぎ込めるように取り組んでいます。

 

終わった後の解放感は、

まさに瞑想状態でしか味わえないものです。

 

解き放つ、

囚われた心を開放する、

 

その結果、

体が柔軟に、

心が柔軟になります。

 

ヨガスタジオセブンチャクラズ◀クリック