Sarada Yoshiko ヨガインストラクター、パーソナルトレーニングを体験する!!

神奈川県のヨガインストラクター(E-RYT500)SARADA  YOSHIKOが、

パーソナルトレーニング(クロスヨガ)を体験入門!!

終了後対談しました!

 

ウエイト 目的筋力代謝を上げる

sarada:S

「自分で思っていたより全体に力がなかった!!」

 

Taisuke:T

「今日が体験初日なので、

スタートの力はこのくらいですが、

 

週1回で3か月後に

今の力の倍上げられるようになりますよ!

 

実感がわかるのが1か月後。

今日の結果、

筋肉痛がおこります。

 

筋肉痛がとれ超回復がおこり

今より強い筋肉に変わります。

 

脚、胸、背、腹、肩すべての筋肉を

動かしました。」

 

ラン目的 心臓と肺の機能アップ

S

「マシンを使うのが初めて、

最初なれなかったけどこなれてきた。」

 

T

「ウエイトトレーニングの結果、

筋肉の疲労があり走り始めは少しぎこちないですが、

筋肉がほぐれてきます。

 

スタート時の心拍数は96で、

意外と落ち着いていました。

 

ランスタート速度は4.5kmで、

歩行、ジョグに移りました。

 

5.5kmのスピードで

5分走った後の心拍数が138拍でした。

 

これは少しオーバペースでした。

次回5kmが今の適性値になります。

 

心肺機能が弱い数値が出ています。

定期的な歩行や軽いジョグをお勧めします。

話しながら走れる程度に。」

 

ヨガ目的 柔軟性とリラックス

S

「疲れているはずのカラダがリラックスできて心地よい。

最後のシャヴァーサナが気持ちいい感じ」

 

T

「ヨガは、

ハードに追い込んだカラダを

リラックスさせることをポイントに置いています。

 

筋トレやランを行った後、

ヨガの柔軟リラクゼーションを

行うことは少ないのが現状です。

 

だから、トレーニング後のカラダのメンテナンスは

非常に大事です。

 

筋トレ、ラン後すぐにやめてカラダを放置していると、

筋肉の柔軟性が失われたり、

疲労回復が遅れ怪我しやすくなります。

 

しっかりメンテナンスをヨガで行ってください。」

 

教え方は

S

「説明がわかりやすい、

トレーナーがリラックスさせてくれ、

笑ったり、楽しく誘導してくれ楽しい!

 

楽しくやるといいホルモンが出る!

プログラムが良くてもトレーナとの相性が

良くなかったら続けたくない。

 

たいさんとは、続けていきたい!

呼吸方法や最後の一声でヤル気になる。

フォームが崩れたら、直ます。」

 

T

「呼吸が浅いと重量を上げられないし、

疲労回復も遅くなります。

 

また、筋トレでは、

どこに効いているかの意識がとても重要です。

 

生徒さんは、スピードを上げたり、

適正な位置までバーベルを

 

上げなかったり手を抜いていくので、

最後まで最大の力を発揮できるように応援します。」

 

ヨガと無酸素、有酸素について

 

S

「ヨガをやっているだけだと、

自分の心拍数はわからないし、

 

ビンヤサフロー(続けて行うヨガ)など

心拍数が上がるものを

何のために行っているかわからなかった。

 

クラスの種目みたいになり

目的がわからなくなる。

 

無意味な状態で展開しているけど、

意味を持たせることができそうです。

ヨガがもっと体のことがわかるといい。」

T

「ヨガの目的は、

心地よく終え、

 

瞑想状態を作れるほど

リラックスすることですが、

 

有酸素運動、無酸素運動、柔軟、バランス、

という観点からヨガをとらえられるとより、

 

広い知識で生徒さんの筋力強化、

心肺機能改善、深い呼吸、

などに貢献できます。

 

例えば、

パワーヨガでハンドポーズを

とれない方は明らかに肩、

 

腹筋、腕の筋力やバランスが

ないことがわかります。

 

太陽礼拝で呼吸が荒くなっている方は

心肺機能が低下しているので、

普段歩いたほうがいいし。

 

どうしてカラダが機能しないかは、

有酸素、無酸素運動を知らないと、

実は理解できないのです。

 

クロスヨガ最強であると自負している点は、

ここにあります。」

 

これからのヨガインストラクターは

S

「ヨガだけやっていても、

カラダのことはわからない」

 

T

「その通りです。

ヨガを体系的にわかるには、

アナトミー、無酸素、有酸素、ヨガ哲学、

 

瞑想、呼吸、ポーズ、食事、睡眠、リラクゼーションなど、

深く知らなくてはいけません、

 

ヨガをやっていればすべてよくなりますという説明は、

説明ではありません、

なんでこのポーズできないのですかに答えられますか?」

 

S

「ヨガのインストラクターで

これだけのことがわかっている人がいるのだろうか?」

 

T

「すべてのインストラクターに、

クロスヨガを知ってもらいたいです。

 

ヨガアライアンスでは、

無酸素、有酸素についてのカリキュラムはありませんが、

知っていることは大切です。

 

この3つ有酸素+無酸素+ヨガを行えるスタジオは

日本でもここにしかありません!」

 

ヨガスタジオセブンチャクラズ◀クリック