茂原市のロイヤルインド・ダールマクニ

ロイヤルインドのダールマクニは、味が違う!
ダールはまめ、

マクニはバターテイスト。


茂原市のロイヤルインドのインド人スタッフに聞いてみた。

ダールマクニは、

インドで一番人気のカレーだそうだ。


日本では人気がないので、

お店のランチには載っていないが、

 

インド人スタッフは毎日食べるので、

常備しているそうだ。

 

当然ヒンドゥー教なので肉は食べない。

豆は、半日水につけふやかす。


今日のダルマクニは、インゲン、もやし豆、

レンズマメ+トマト、ニンニク、ショウガ+香辛料。


若干インド本国との味の違いは、

辛さと香辛料だそうだ。


なんせ私は、ダールカレーしか食べないので、

特注です。
ベジタリアンではないです。


ここのダールマクニはおいしいです。

皆さん是非召し上がれ!

 

八街店が一番おいしかったのですが味が変わりました。

シェフが変われば若干味が変わります。

 

話は変わりますが、

個々のスタッフにいろいろヨガのことを聞いてみた。

 

T「バカバッドギータを知ってますか?」

スタッフ「はい知っています、

勉強していましたが難解で挫折しました。」

 

T「どうして挫折したのですか?インドの方、

皆さん読んでいるのですか?」

 

「多くが読んでいるわけではないですが、

知っています。挫折は、難しいからです」

 

※原文で読むとかなり難しいと思います。

日本には、解読書があるのでわかりやすいですよ。


クリシュナとアルジェナの物語を、

人が生まれて死ぬまでのことが書かれてます。

輪廻転生のことも。

 

T「パタンジャリのヨガスートラは?」

スタッフ「知っています、パタンジャリは有名です?」


T「現代でも?」

スタッフ「ババ・ランデブは、インド人に尊敬され、

 

インドで超有名企業のパタンジャリ・

アーユルベーダ社のプランアンバサダーだ。」

 

収益は一切受け取らない、

サンニャーシン(ヒンドゥー教の出家者)

 

この方の言葉に、

 

「この地球、太陽、すべての自然が、

何の期待もされなくても、

自らの働きをしている。

 

だから私も私の仕事をしているのだ。」

無私の愛ですね。

 

 

※なるほど、

パタンジャリはヨガを編集したインドの賢人。

これは、ヨガの出家者の会社の名前ってことですね。

 

ヨガでは、この2つの本「バカバッドギータ、

ヨガスートラ」がヨガ哲学の教科書として読まれています。

 

ヨギ・ババランデブも、

この2つの哲学書から導かれたのだと思います。

 

ヨガスタジオセブンチャクラズ◀クリック