米国で、無宗教型スピリチャル層(SBNR)の増加と心の安らぎ!

コロナ、ウクライナ戦争、経済停滞、

など世界は混とんとしています。

 

現在、アメリカ人の成人の約30%が、

特定の信仰を持っていません。

 

63%がキリスト教です。

この15年で、キリスト教15%減り、

 

特定信仰を持たない成人が、

13%増えました。

 

理由は、

宗教は人々を規律で束縛し、

分断を招く傾向がある。

 

親世代が、

子供たちに特定の宗教を押し付けず、

自分で考えることを重視するようになったのです。

 

自由な国アメリカの以外なこと、

宗教には、自由がなかった点。

 

SBNR

Spiritual But Not Religious

無宗教型スピリチャル層

がアメリカ人口の25%に達する。

 

この25%層にヨガや瞑想、断食等を通じ、

心の安らぎを求める人が増えている。

 

スピリチャルティーとは、

全てのものが互いにつながっているという考え。

 

ヨガなどをすることにより、

自分が大きな自然の一部だと確認できる。

平和で穏やかな暮らしを重視する人が増えている。

 

 

アメリカの影響が、

欧州、カナダ、オーストラリアに影響を与え、

世界が平和に変わるかもしれません。

 

戦争のない社会が期待できそうですね。

 

日本は、

仏教、神道の影響はありますが、

キリスト教1%

ほとんど無宗教。

 

戦争を放棄した、平和国家です。

日本国憲法20条宗教の自由、政教分離。

日本国憲法9条戦争放棄、戦力不保持、交戦権否認。

 

日本に自然宗教スピリチャルティーを、

学ぶ西欧諸国が増えることを期待します。

 

日本では、宗教は自由に選べますね。

ヨガは宗教ではありません。

 

ヨガは、

全ての宗教を認めています。

 

ヨガは、個人で行うもので、

全てのものが互いにつながっているという考えです。

 

反戦活動などしません、

社会がどうあれ、

 

平和で穏やかな社会の一員であるように、

自ら実践します。

 

ヨガスタジオセブンチャクラズ◀クリック

 

ヨガのマインド、

スピリチャルティーや哲学を学ぼう!!